精進湖のレジャーは湖畔荘から。釣り船 ヘラブナ・ワカサギ・ブラックバス

釣り情報

釣り情報

へら鮒

釣り料金及び出漁時間

1.出漁時間

04月29日~08月31日午前5:00~午後5:00
09月01日~09月30日午前5:30~午後5:00
10月01日~04月28日午前6:00~午後5:00
  • 冬は日の出、日没により変動しますのでTELにてご確認下さい。

2.出船の合図はチャイムがなります。

3.ボート料金 :へら鮒

放流バッジ持参者1日2,500円
一般釣人1日3,000円

4.遊漁料

放流バッジ持参者1日500円
一般釣人1日1日600円

放流バッジ

5.ボート料金 :わかさぎ

1艘1日3,000円(2名まで乗れます。)
遊漁料1名600円(女性300円、中学生300円、小学生無料)

[check]遊漁料は、ボート料金とあわせて出船前にお支払い下さい。
[check]連休や夏休みやゴールデンウィークなど予約でボートが一杯になる日もあるので、予約を入れてお出掛けくださると安心です。電話0555-87-2003

精進湖

へら鮒つり(3月~11月)

  • 精進湖はヘラブナ釣りのメッカです。
    毎年、3月1日の解禁から放流の始まる11月
    いっぱいまで楽しめます。
    多くのヘラブナファンで賑わいをみせます。
    ピュアな、そよ風の中、眼前に迫る富士山を
    眺めての釣りは、都会では味わえない、格別な
    楽しさを演出してくれるでしょう。
  • ヘラブナ(篦鮒)は琵琶湖ゲンゴロウブナ巨大変異種を選択飼育した飼育種。ゲンゴロウブナは雑食性だが、ヘラブナは基本的に植物性プランクトンを好んで食べる。なお、水槽内では細かく砕いたミミズなど動物性餌だけで飼育することは可能である。大阪(河内)で盛んに養殖され(「カワチブナ」呼称の由来)、主に淀川水系へ放流された。現在も養殖されて、各地の「へらぶな会」などにより全国に放流されている。
  • ヘラブナ釣り
    • 昔から『釣りはフナにはじまりフナに終わる』と言い習わされてきたが、始まりのフナはマブナで、終わりのフナはヘラブナであるなどとも言われる[2]。釣りの難易度と釣趣で「鮎とへらは最高峰」とも言われるが、釣り堀や管理釣り場であれば初心者でも比較的容易に楽しむことができる。反対に、野池やダム湖などに放流されて半野生化したものや、自然に繁殖し成長した「地べら」は警戒心が強く、魚影も薄いため釣り上げるのが困難であることが多いが、自然の中に遊ぶという釣り本来の趣向を持ち合わせており愛好者も多い。
      冬場に新たに放流されるへらぶなは、「新べら」と言われ、餌慣れしており釣れ易く、また釣られたことがないため「引き」も強い。一瞬の微妙な「あたり」に素早く対応するためと、道糸が風の影響を受けることによって糸が引きずられて仕掛けが引きずられないようにする目的で、竿の先端(穂先)を水中に入れ、道糸を沈めたるませないようにする。
      特に前述の産卵期には、浅場などで激しく魚体を叩きつけるような動作をし、大きな水音を立てる。釣り師の間ではこれを「乗っ込み」、「ハタキ」と呼び、春の風物の一つとみなし話題に上ることが多い。またその前後に荒食いをみせることから、年間を通してもっとも大型を釣り上げることの出来る可能性の高い時期でもある。

ワカサギ釣り(11月~)

ワカサギは釣れない年もあるので前もってTELお願いします。

  • 今年(平成25年は釣れています。)

冬期(10月から3月程度)が漁期で、釣りや刺し網、地引網などで多く漁獲される。 特に脂が乗る旬は、桃の節句の前後という。ワカサギは一年中釣れる。
一本釣りまたは、サビキ釣りで釣られる。胴突きのサビキを用いた釣り方が主流になりつつある。餌は、サシか赤虫がよく使われる。

  • 料理
    成長した親魚では骨が太くて硬いが、小ぶりなものは骨も細くて柔らかく、丸ごと食べられる。鮮度が悪くなると腹が破れやすい。味が繊細なため味付けを薄めにする事がある。天ぷら、フライ、から揚げ、マリネ、南蛮漬けなどの揚げ物のほか、佃煮・甘露煮にして保存食ともする。新鮮なものは刺身でも食べられる。

このご家族は727匹釣られました。
わかさぎ
豪華な夕飯だったでしょうね。
727匹

  • 11月1日、精進湖のワカサギ釣りが解禁を迎えます。
    水が綺麗なので美味しいワカサギが沢山釣れます。
    また、精進湖から見える雪景色となった富士山も見ごたえあり!
  • ファミリー・団体様も大歓迎です。
  • 竿、道具類も、お貸し出来ます。てぶらでも大丈夫です。
  • 1日たっぷり楽しめます^^/
    [check]朝の注文でポイントまでお弁当配達しています。

ブラックバス釣り(通年)

ブラックバス

  • 湖畔荘下周辺から、海大和田や村浜荘にかけてはブラックバスの好ポイントになっています。
  • 舟釣り中心に25~30cmの物が良く釣れるようです。
  • ポイントやタックルなどについては、お店まで一声お掛け下さい。

シーズン中の休日、祝日等、舟が満杯になることもあるので、念のため、
お電話にてご確認下さい。 
TEL:0555-87-2003

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional